Archives
Latest articles
Please reload

November 11, 2019

October 28, 2019

Please reload

浅草 レトロモダン喫茶

March 1, 2017

店長清水です。

 

 

 

 

現在のカフェには、種別分けできないほど沢山の「珈琲が飲めるお店」がありますよね。

 

コンビニにカフェがあったり、本屋にカフェが併設されていたり、動物と触れ合えるカフェもあったりと、コーヒーを取り巻く環境にも様々な形態のものが出てきました。

 

(画像:http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/709304.html) 

 (画像:https://www.tsutaya-ltd.co.jp/news/2016/0815_2016815-tsutaya-shibuya-tsutayabookshelf677-wired-tokyo-1999815party-1478tsutayatsutayacoo-tsutaya10.html)

 

 

しかし、70年代~80年代は、珈琲が飲めるお店である「喫茶店」(あくまで「カフェ」ではない)に行く目的は、多くは「新聞を読む」「打ち合わせ」「待ち合わせ場所」などであったのだと思いますが、いわゆる純粋に珈琲を楽しむために訪れる「純喫茶」も多くあり、今流行りのサードウェーブは、昭和的「純喫茶」に起源を有するとも言われています。

 

 (画像:http://www.gonzoshouts.com/place/1984/)

 

そして、その場所に流れる音楽は、当時のヒットソングがラジオを通して流れていたり、テレビの音楽番組だったり、ジャズやクラッシックなどのレコードを流したりされていたようです。

 

そこでこの度、浅草のブルックリン「Splendor coffee」でちょっと異色の企画を立ち上げました。

 

 

 

 

 

名付けて、「昭和歌謡の日」

 

 

(画像:https://jp.pinterest.com/pin/113293746853693092/)

 

 

先日お試し企画として行ったところ好評でしたので、第2回を開催します!次回の昭和歌謡の日は、3月3日金曜日です。

 

 

 

 

 

普段店内音楽は洋楽中心のSplendorですが、この日は1日中 70年代、80年代のフォークソングや歌謡曲を流します。

 

 

70年代フォークといえば、喫茶というよりスナックに近いほどディープな曲調です。

 

 

浅草は、まだまだ純喫茶やジャズ喫茶が多くある街。

「昭和歌謡の日」の企画日は、Splendorもその古き良き浅草に溶け込みます。

 

 

「昭和歌謡の日」限定のイベントメニューなども検討しております。

ちょっと変わったレトロモダンなSplendorを楽しみに、是非ご来店ください。

 

 

 

Please reload