SPLENDORのドリッパーについて<V60>

こんにちは。Splendor裏方スタッフYです。

当店は現在ハンドドリップでのコーヒーをご提供していますが、利用しているドリッパーは、HARIO社の「V60」というものになります。

(画像:https://www.hario.co.jp/coffee/hario_coffee/v60_dripper.html)

V60は円錐形が特徴のドリッパーで、V60以前のドリッパーは主に3つ穴や1つ穴などで扇形のものが主流でしたが、今やV60は世界中で利用され、国内外の様々なドリップコーヒーの大会でも利用されているそうです。

ちなみに「V60」の名は、特徴である円錐の角度が60度なことに由来しているそうですよ。 このV60の特徴は大きく3つ。

(画像:http://www.hariocorp.co.jp/food_business/)

(画像:http://www.hario.com/sp_v60series.html)

・円錐形のためコーヒーの粉の層が深く、お湯を注ぐときに触れる粉が多くなり成分を抽出しやすい。ネルドリップに近い抽出ができるとも言われています。

・ドリッパーの内側に細かな筋(スパイラルリブ)があり、ペーパーフィルターとドリッパーの密着を防ぎ、スムーズに抽出できる。

・大き目な一つ穴のため、お湯の注ぎ加減次第でコーヒーの味を自由に調整できる。

ところで私はずっとHARIOは海外メーカーだと思っていたのですが、実は1921創業の古くから続く日本の耐熱ガラスメーカーなのだそうです。

コーヒー器具だけではなく、医療用や自動車用の製品なども作っている会社です。

日本の会社が発明したドリッパーが世界中で利用されているなんてちょっとうれしいですよね。

余談ですが、1908年に考案されたペーパードリップを初めて製品化したのはドイツのメリタ社ですが、似た名前のカリタ社は1958年創業の日本企業です。

V60で淹れたコーヒーの味を確かめてみたい方、是非Splendorにご来店ください。

ご希望に応じて店長によるコーヒーワークショップも行っています。予約不要ですので、お気軽にお声掛けください。

#雑学 #ドリップ #スタッフ

Latest articles
Archives