SPLENDOR豆情報 コロンビア オルト・デル・オビスポ


今新しく仲間入りしたコロンビア オルト・デル・オビスポについて

今回の新しいシングルオリジン「コロンビア オルト・デル・オビスポ」は、用賀に店を構えるWood Berry Coffee Roastersさまより、厳選して入荷することに決定いたしました。

このコーヒーが収穫されたのはコロンビア南部ウィラ地方。山脈地帯の谷合に位置し標高が高いことで有名な産地です。

収穫後は手動でパルピング※1を行い、24時間のファーメンテーション※2、その後15日間の天日乾燥、とそれぞれの工程で細心の注意が払われています。

特徴として、口に含んだ際のレモンティの爽やかな酸味が時間とともにオレンジやハーブのような風味になり、冷めてくるにしたがってより広がります。

ミルクチョコレートのような甘さも印象的です。

アイスでもホットでも、その爽やかな印象は持ち続けるでしょう。

ぜひSPLENDORで味わってみてください。

※1「パルピング」とは、収穫されたコーヒーの実(コーヒーチェリー)のもっとも外側の皮を取り除くことです。

※2「ファーメンテーション」とは、元はワイン用語で「発酵」もしくは「発酵工程」を指します。その地区、農園主のやり方で様々なファーメンテーションが開発されています。発酵を行うことにより、収穫後の豆のフレーバーにさらにアクセントを加えることができると考えられています。

#ドリップ #店長 #コーヒー #コロンビア #豆

Latest articles
Archives